ニューヨークの単独ライブが面白かった!〜2018年3月のお気に入り〜

2018年3月に見たり聞いたりして、特にお気に入りだったものを紹介します。

ライブ部門

ニューヨーク単独ライブ「NEW NEWYORK」

ニューヨークの単独ライブは何度も行っていますが、今回の単独ライブは私が見た中で一番面白かったです。

ニューヨーク本人たちがそんなことを意識する人たちとはとても思えないのですが(失礼 笑)、タイトル通り「NEW NEWYORK」だったと感じる単独ライブでした。

ニューヨークのネタは偏見が強い口の悪いネタが多くて、ファンとしても「それは言い過ぎだよ・・・」ということもままあるのですが、今回の単独ライブのネタはそういうところが少なく、かと言ってニューヨーク色は出ているネタばかりでとても良かったです。

疑心暗鬼大喜利バトル〜滑狼〜ヤングゲート

1月に初めて行って以来、滑狼にとてもハマっています。

ヤングゲートはルミネでやっている滑狼の若手バージョンなのですが、今回もすごく面白かったです。

何もわかってないのに結果的に滑狼を助けている裏切り者のネルソンズ青山さん、みんなが役職発表しているのが羨ましくて言うべきでない最初のタイミングで占い師だと言って追放される本物の占い師アイロンヘッド毛利さん、最初の追放者指名で必ず「シューレスジョー」と言ってくれるコマンダンテ石井さん・・・など見所がたくさんでした。(滑狼知らない人にはわからない書き方ですみません)

メディア部門

うしろシティ 星のギガボディ 2018/02/28(とその前3週間分くらい)

この回のテーマは「1時間でナンパをマスターする方法」でした。

ナンパするために話しかけて相手の心を開くことをナンパ用語で”オープナー”と呼ぶそうで。

この週のちょっと前から数週間にわたって、リスナーから自分はどんなオープナーの使い手かというネタメールが届いており、スペシャルウィークのこの回では直接オープナー(ナンパ法)を伝授したいというリスナーに実際にTBSに来てもらおうという企画でした。

ただし、色恋の話なので必ず両親のどちらか同伴で来てくださいという条件付きでした。笑

オープナーもくだらないし、どうにかして親御さんを連れてこようとするリスナーの感じが面白かったです。

それでは。